厳しい環境ほど真価を発揮します

我が社は昭和43年の創業以来、解体作業一筋に培ってきた技術と安全施工によってあらゆる環境での作業を可能にしました。
たとえば建物が密集した市街地、海岸や擁壁、河川の崖に臨んだ場所でも、最新の機械と長年積み上げてきた技術と優秀な技術者によって、安全迅速に施工を致します。
まさにより厳しい環境と困難の中でこそ、岩佐の優れた解体技術が真価を発揮すると信頼されています。

ご挨拶

環境への気配りも万全。
さらに安全についての徹底した配慮。
こうした基本の維持により信頼されています。

我が社は、木造住宅からビルディング、橋梁や貯蔵タンクなどあらゆる建造物の解体と資源の再生を行っております。

昭和43年の創業以来、各種重機類を豊富にそろえ、優れた技術をもって地域社会の開発と企業発展のお手伝いをしてまいりました。

施工にあたりましては、生活環境や自然環境の保全と徹底した安全管理によって、各地域、多業種から相次いでご用命と信頼をたまわっております。

近年は特に大型建造物の安全な解体と、解体資材の再利用が課題となっていますが、我が社では高層ビルにも対応できる27m級アームのハイリフトフロントを導入したほか、資材再生の独自大型プラントを建設、時代のニーズに応えているところです。

安全な解体と資源の活用をより推進するため、何なりとご用命下さるようお願い申し上げます。

代表取締役 大友 広明

会社の概要

名称 株式会社 岩佐
創業 昭和43年
資本金 1,000万円
本社 北海道帯広市西20条南5丁目13番3号
従業員 48名
年間売上高 8億4千万円
役員 代表取締役 大友 広明
取 締 役 大友 美幸
取 締 役 大友 啓永
監 査 役 高山 孝子
事業内容 解体工事業
土木工事業
とび・土工工事業
産業廃棄物収集・運搬事業
産業廃棄物中間処理業
太陽光発電事業
各種許可番号
  • 建設業許可番号
    北海道知事(般-29)十第00850号
  • 産業廃棄物収集運搬業許可番号
    北海道 第00110037644号
  • 産業廃棄物処分業許可番号
    北海道 第00120037644号
  • 一般廃棄物収集運搬業許可番号
    帯広市 帯清掃許可第302号
  • 第1種フロン類充塡回収事業者登録
    第011200043号
主な取引銀行 北洋銀行 帯広西支店
帯広信用金庫 春駒通支店

会社の沿革

昭和43年3月 岩佐興業有限会社設立
資本金200万円
代表取締役社長岩佐幸作就任
昭和57年8月 岩佐解体工業有限会社設立
資本金500万円
代表取締役社長岩佐幸作就任
平成元年5月 岩佐興業有限会社を増資
資本金500万円に増資
平成元年8月 株式会社岩佐として社名及び組織を
変更して資本金500万円
代表取締役社長岩佐幸作就任
平成7年10月 資本金1,000万円に増資
平成10年11月 代表取締役社長大友広明就任

本社外観 本社外観

各種保有重機保有車輛

バックホー ZX500 1.9㎥ 1台
バックホー ZX480 1.9㎥
ハイリフト27m
2台
バックホー ZX240 0.8㎥
ハイリフト16m
1台
バックホー ZX350 1.4㎥ 3台
バックホー ZX250 1.0㎥ 1台
バックホー ZX240 1.0㎥ 1台
バックホー ZX225 0.8㎥ 5台
バックホー 320DRR 0.8㎥ 1台
バックホー ZX135 0.5㎥ 3台
バックホー ZX40 0.14㎥ 3台
バックホー SK13 0.04㎥ 1台
バックホー 017CR 0.04㎥ 1台
解体作業用アタッチメント 各種
タイヤショベル WA480 4.6㎥ 1台
タイヤショベル WA470 4.0㎥ 1台
タイヤショベル WA100 1.3㎥ 1台
タイヤショベル ZW90 1.1㎥ 1台
タイヤショベル ZW80 0.9㎥ 1台
タイヤショベル LX50 0.9㎥ 2台
ブルドーザー D3 1台
フォークリフト 4台
高所作業車 12m 2台
高所作業車 6m 2台
高所作業車 4m 3台
大型産業廃棄物専用ダンプ車 5台
小型産業廃棄物専用ダンプ車 3台
大型ダンプ車 2台
ユニック車 5台
平ボデートラック 2台
重機運搬トレーラー 2台
道路清掃車 1台
散水車 1台
タンクローリー 2台
再生骨材生産プラント
石膏ボード破砕分離施設
廃プラスチック等破砕施設
トラックスケール(40t)

関連工場

(株)岩佐 建設廃材中間処理場

〒080-2474 北海道帯広市西24条南6丁目5−16
TEL 0155-33-9099